ABOUT子宮について

子宮筋腫は子宮を残す治療法と子宮を摘出する治療法の2つに分かれますが、子宮を温存する治療法には以下のようなものがあります。

筋腫核出術

まだ年齢が若く、将来出産を望んでいる患者さんの場合には、子宮を残して筋腫だけを排除する筋腫核出術が一般的に行われます。しかしこの方法は筋腫が再発する可能性が高く、また癒着が起こりやすいために2回までしか治療ができないというデメリットがあります。

薬物療法

筋腫がそれほど大きくなかったり、症状がひどくない場合には、漢方薬などを使った薬物療法が試される場合もあります。また閉経が近い場合には、筋腫を縮める目的で閉経状態を強制的に引き起こすためのホルモン剤が投与されることもあります。

子宮動脈塞栓術(UAE: Uterine Artery Embolization)

子宮動脈に太ももからカテーテルを挿入して血管塞栓物質を注入し、血管を塞栓して子宮筋腫への栄養源を遮断することで、筋腫を縮め、症状を緩和します。保険が適用されます。

集束超音波治療(FUS: Focused Ultrasound Surgery)

MRIを使用して超音波で患部を焼灼することで筋腫を縮め、症状を緩和する比較的新しい治療法です。筋腫が多数ある場合や、かなり大きい場合には適していません。保険適用外です。