ABOUT子宮について

子宮筋腫を縮める上で、食事は非常に大事です。つまり、食生活を改善すれば、筋腫も改善される可能性が大きいということになります。

以下の食品を頻繁に摂取している女性は、そうでない女性と比較して子宮筋腫ができる割合が大幅に高くなることが多くの研究により示されています。

  • 動物性食品(牛肉、豚肉、鶏肉、魚、乳製品)
  • 精製された炭水化物(白いごはん、パン、パスタ、お菓子、スナック類)
  • カフェイン(1日200mg以上)
  • アルコール

特に、ベジタリアンやヴィーガンの女性は、動物性食品を食べる女性と比較して、子宮筋腫ができる割合が大幅に低くなっていることがわかっています。

野菜(特にブロッコリ、カリフラワー、キャベツ、白菜、青梗菜、小松菜などのアブラナ科の野菜や、ほうれん草、春菊、セロリなどの野菜、果物を積極的に食べている女性は、子宮筋腫ができる割合がかなり低くなっています。これらの野菜が子宮筋腫の原因となる物質を体外に放出するのを助けてくれるだけでなく、これらの野菜には健康を向上させる抗酸化物質が多く含まれているためです。

子宮筋腫の防止や改善に役立つその他の主な食品には次のようなものがあります。

  • 緑茶
  • 遺伝子組み換えでない大豆食品
  • 亜麻仁種(フラックスシード)
  • 柑橘類
  • 不溶性植物繊維
  • 海藻類

詳しくは、無料の『子宮筋腫♡改善レッスン』7日間メール講座で説明しています。子宮筋腫で悩んでいる方は、是非ご登録くださいね。